shift.png shift.png

保有機材

 

φ1000泥濃式掘進機

<エスエスモール工法>

長距離施工に威力を発揮します。
この機械は、愛知県海部郡大治町で、1スパン786mの推進を行いました。
 

φ800泥水式掘進機

<ユニコーン工法>

土質に適したカッタヘッドを選定することにより、どんな地層の掘進も行うことができます。
 

φ600泥水式掘進機

<コブラ工法>

岩盤までの全土質に対応し、小型立坑から発進できる高水準な機械です。
 

立坑構築機

<コウワ工法KBE-20>

全周回転圧入機です。
狭い道路や架空線の下で、スピーディに立坑を築造できます。
 

泥水一次処理機

<USD-Ⅱ型 2.0m3/分処理>

推進工事に付帯するプラントです。
流体輸送された排泥水を、土砂と泥水に分離します。
 

2.8tクレーンリア付

4tトラック

いわゆるユニック車ですが、クレーンを車両後部(リア)に架装しています。立坑に近接して揚重作業を安全に行います。

保有機材リスト(2017/01)

丸岩推工株式会社 保有機材   H29.1現在
     
機械名 仕様・規格 数量
泥濃式掘進機<エスエスモール工法> φ700 1
φ800 2
φ800G 3
φ900 1
φ1000 1
φ1200 1
泥水式掘進機<ユニコーン工法> φ600DHD 1
φ700DHD 2
φ800DHD 1
φ900DH 1
DH-ES200(塩ビ) 1
DH-ES250(塩ビ) 1
DH-ES300(塩ビ) 1
泥水式掘進機<アンクルモール工法> φ250TCZM 1
φ250TCZ 3
φ300TCZ 2
φ350TCZ 2
φ400TCZ 2
φ450TCZM 1
φ450TCZ 2
φ500TCZ 2
φ600TCC 2
φ700TCC 2
φ800TCC 1
φ1000TCC 1
泥水式掘進機<コブラ工法> CB25 2
CB30 1
CB35 1
CB40 1
CB60 1
泥土圧式掘進機<アイアンモール工法> TP90S-φ250 1
TP90S-φ350~φ450 1
TP95S-φ350~φ450 1
TP95S-φ500~φ700 1
TP50S-φ200~φ250(塩ビ) 3
小口径推進工法システム アンクルモール工法(小口径) 6
アンクルモール工法(大中口径) 5
アンクルモールミニ工法 2
コブラ工法 3
ユニコーン塩ビ泥水工法 3
アイアンモールTP90S・95S工法 1
アイアンモールTP50S工法 3
ベビーモール工法 KYT-408 1
ベビーモール工法 KYT-8090 1
うりん坊工法 UB90S 1
刃口・押輪・ストラット φ800~φ3000 各種
元押装置 エスエスモール 4000KN-φ800~φ1000 1
元押装置 3000KN-φ600~φ700 2
元押装置 4000KN-φ600~φ800 1
元押装置 4000KN-φ800~φ1000 1
元押装置 押蔵 4000KN-φ800~φ1200 2
元押装置 2000KN-φ250~φ600 1
φ3000立坑用元押装置 4500・6000KN-φ800~φ1200 1
φ2500立坑用元押装置 3000KN-φ800~φ900 1
元押装置 3段モールマイスター 1500KN-φ250~φ500 6
元押装置 3段モールマイスター 3000KN-φ600~φ900 1
元押装置 ミニモールマイスター 650KN-φ200~φ300 1
元押装置 ミニモールマイスター 1500KN-φ350~φ500 1
φ2500立坑用元押装置CBJ200 2000KN-φ350~φ600 1
φ2000立坑用元押装置CBJ100 1000KN-φ250~φ350 2
多段式ジャッキ 1500KN-2900st 16
多段式ジャッキ 2000KN-2900st 8
多段式ジャッキ 2000KN-3000st 10
ジャッキ 1500KN-1000st 18
ジャッキ 2000KN-600st 8
ジャッキ 1500KN-600st 26
ジャッキ 1000KN-400st 17
中押ジャッキ 1000KN-200・300st 19
中押ジャッキ 500KN-200・300st 64
中押ジャッキ 300KN-200・300st 20
油圧ユニット 3.7kw~44kw 各種
送泥プラント PA-10 3
PA-5 3
PA-3 1
排泥ユニット 37kw 1
55kw 7
75kw 1
連続レシーバータンク VET-200 3
推力低減システム SMCシステム 1
泥水一次処理機 2.0m3/分処理 4
1.0m3/分処理 5
0.6m3/分処理 1
0.5m3/分処理 1
0.3m3/分処理 2
送排泥ポンプ 37kw 1
30kw 8
22kw 6
11kw 2
9kw 1
7.5kw 6
5.5kw 8
滑材注入装置 SCP3700 4
SCP750 2
裏込注入装置 PA-10 4
タンク 4m3~16m3 17
配管 2B・3B・4B・5B・6B 各種
ホース 1/2B・3/4B・1B・1.5B・2B 各種
電気ケーブル 100sqまで 各種
門型クレーン テルハ式 各種
橋型 各種
ホイスト 2.8t-24m揚程 3
ホイスト 2.8t-12m揚程 4
フォークリフト 2.0t~2.5t 3
トラック 10t クレーン付 2
4t クレーン付 2
4t リアクレーン付 9
4t ダンプ 3
4t クレーン付ダンプ 3
4t バキューム車 1
立坑構築機<コウワ工法> KBE-20 1
KBE-30 1
立坑構築機<PIT工法> PC1520 1
PC2500 1
テレスコ掘削機 0.45m3 1
円形覆工板 φ1500~φ3000 65

推進工法とは

工場で製造された鉄筋コンクリート管・硬質塩化ビニル管・ダクタイル管・鋼管等の先端に掘進機を取り付け、ジャッキ推進力等によって管を地中に圧入して、上下水道・電力・ガス・通信等の管渠を築造する工法です。

推進工法はこんな場合に用いられます

  • 交通量の多い道路、または地下埋設物が輻輳した道路で地上からの掘削が難しい場合。
  • 軌道、河川を横断するため、地上からの掘削ができない場合。
  • 管渠の埋設位置が深いため、地上からの掘削による管路の構築が不経済となる場合。
  • 地上からの掘削が激しい振動や騒音をともない、工事現場周辺の住民に多大な迷惑をかけることになる場合。

交通量の多い道路下で

河川を横断しての堀削

埋設位置の深い菅渠

周囲環境条件に配慮して

取扱い推進工法

施工条件とは

施工条件に適した工法を選定することが重要です

■管種 ■呼び径 ■延長 ■土破り ■地下水位 ■土質条件---●土質名 ●N値 ●粒度構成 ●透水係数 ●礫径(砂礫の場合) ●圧縮強度(岩盤の場合)
■発進・到達立坑形状 ■施工箇所環境
 


推進工法の分類

名刺
求人採用 相談室
求人採用 相談室